スマートレンタリースTOP > レンタカー・リース特集 > 急に車が必要となったとき レンタカーVSリース

急に車が必要となったとき レンタカーVSリース

2015/08/07

急に車が必要となったとき。新車や中古車を購入する以外にも、まずは「借りて使う」、レンタルやリースという選択肢もあります。「借りて使う」レンタルやリースの場合、購入に比べて初期費用が安くなり、家計への打撃も小さく抑えられます。予期せぬ出費で貯蓄に手をつけたくない人にとっては、大きなメリットとなります。

借りて使うと、初期費用が安くなる

車の購入代金を現金で用意すれば、その分貯蓄を取り崩すことになります。車の購入代金として計画的に貯めてきた人ならともかく、急に車が必要となった人にとっては痛い出費です。オートローンでローンを組むにしても、頭金が必要となります。また車は経年劣化します。車を手放した時の下取り価格が、想定より安くてがっかりすることもあり得ます。

車を持つと、車両購入代金以外にもさまざまな費用が発生します。レンタルやカーリースであれば、車まわりの費用が固定できます。プランにもよりますが、料金には契約期間中に発生する自動車保険料や車検費用に自動車税を含むことができます。想定外に高くついた安くなったという見込み違いを、極力減らすことができます。レンタルやカーリースは、初期費用が安くなるだけでなく、車まわりの費用を月々の料金で固定できるというメリットがあります。

レンタカーとカーリース、何が違うの?

車を借りて使うには、レンタルとカーリース、2種類の方法があります。
では、レンタルとカーリースでは何が違うのでしょうか。ナンバーが「わ」ナンバーか否か。あるいは借りる期間が長期に及ぶか否かでしょうか。実はレンタカーとカーリースの最も大きな違いは、車検証上の「使用者」が誰になるかです。

レンタカーの場合、車検証上の「所有者」はレンタカー会社となり、「使用者」もレンタカー会社となります。一方カーリースでは、車検証上の「所有者」はカーリース会社となり、「使用者」はカーリースを利用する、利用者自身となります。

カーリースは、リースを希望する人の好みに応じた車を、カーリース会社が用意します。リース希望者に代わって車を購入します。ですから、車検証上の「所有者」はカーリース会社となります。通常カーリースでは、中途解約は認められていないか困難です。リース希望者に代わってカーリース会社が購入した車の購入代金の回収が、困難になってしまうからです。一般的なカーリースが年単位の長期に及ぶのは、車の購入代金を確実に回収するためです。

一方レンタカーの場合は、中途解約も容易です。車が急に必要となったけれど、不要となるのも思ったより早かった。そんなケースも考えられます。車が必要となる期間がどれくらいになるのか。見通しがつかない場合は、レンタカーの方が無駄とならない可能性が高くなります。長期使用の場合、レンタカーでもカーリースでも駐車場代はユーザーもちです。ただし、カーリースの場合は車庫証明が必要となりますが、レンタカーの場合車庫証明は不要です。駐車スペースさえ用意できれば利用できるのが、中・長期レンタカーのメリットです。

その他にも、カーリースであれば車にオプションを追加することも可能です。カーナビやオーディオあるいは外装用エアロパーツなどを取り付け、自分好みにカスタマイズすることが可能ですが、レンタカーではできません。営業車として使いたい場合も、カーリースであれば車のボディに社名のロゴを塗装するなど、カスタマイズが可能です。

レンタカーに比べ契約期間が長くなるカーリースは、ユーザーの趣味や意向を柔軟に反映させることができます。よりマイカーに近い使い方ができます。「使用者」がカーリースのユーザーとなる、カーリースの性格を反映しています。またカーリース会社のスケールメリットを利用し、購入の場合よりクラスアップした車両をマイカー感覚で手に入れることも可能です。カーリース会社のスケールメリットにより、車両購入費用や任意保険料などのコストが下がるからです。一方レンタカーの場合は、ユーザーによる自由度は低く、やはり「借り物」という性格が強くなります。

関連トピックス