スマートレンタリースTOP > レンタカー・リース特集 > 車やレンタカーで行きたい北摂の温泉

車やレンタカーで行きたい北摂の温泉

2015/11/21

11/19にEXPOCITYがオープンしました。オープン日の週は週末が三連休となり、多くの人で賑わうことが予想されます。人混みは疲れるかもしれないですが、一度は行ってみたいEXPOCITY。EXIPOCITYでレジャーや買い物を楽しんだあとは、温泉で癒されてみてはいかがでしょうか。EXPOCITYの帰りに行ける北摂エリアの温泉を紹介します。

源気温泉:万博おゆば

EXPOCITYから一番近い温泉といえば、「万博おゆば」でしょう。万博記念公園の傍らに位置し、庭園さながらの露天風呂が人気です。源泉は敷地内地下703mより汲み上げる化石海水系のナトリウム塩化物温泉。空気に触れて茶褐色に濁っています。この天然温泉を5段階の深さで30人以上が一度に湯汲みを楽しめる「大露天七変化の湯」や、かけ流しの源泉風呂「大地の湯」が人気です。塩マッサージができるサウナもおすすめです。「万博おゆば」では手もみやエステ、垢すりのメニューも充実しており、温泉とリラクゼーションが一緒に堪能できます。「万博おゆば」へ行った際は、温泉で癒されてエステや垢すりで美も手に入れましょう。

彩都天然温泉:すみれの湯

万博公園北、南京都と神戸を結ぶ幹線道路の国道、通称「イナイチ」沿いにある「すみれの湯」。源泉は地下1,000mから沸々と湧き出ています。お風呂が充実しているのはもちろん、チムジルバンが8種類もあります。チムジルバンとは、韓国で急増している50度~90度程度の低温サウナを主体とした健康ランドの一種で、日本では岩盤浴の一種として取り入れられています。水分補給をしながら正しく岩盤浴をすれば、サウナより汗をかくことができるでしょう。岩盤浴なら寝転がりながら汗をかくことができます。温泉と岩盤浴以外でも、リラクゼーションはもちろん無料で漫画が読める座敷スペースもあります。一日居ても飽きることがありません。

美人湯:祥風苑

地下1,350mより汲み上げるph9.2のアルカリ性重曹泉は、トロリとしていてローションのようにヌルヌルした湯で知られています。いつもとは一味違う感触の温泉を味わうことのできる「祥風苑」。ph9.2のアルカリ性の源泉は、日本三大美人の湯として名高い龍神温泉と同じ重曹泉ことナトリウム-炭酸水素塩温泉。温泉で美を追求するなら「祥風苑」が是非おすすめです。ゆっくり温泉を満喫したいなら、予約すれば家族風呂の利用が可能です。お土産用の「浴用濃縮温泉」や「天然濃縮温泉肌泉」も人気アイテムです。

天然温泉:箕面湯元 水春

複合アミューズメント「ビーバーワールド」の2階にある「箕面湯元 水春」。地下1,200mより汲み上げるナトリウム-炭酸水素塩・塩化物温泉で、加水加温を行いますが、ほのかなつるつる感が楽しめます。土日祝は朝6時にオープンし、日祝は朝食バイキングも実施されているので、温泉で目を覚ましてからEXPOCITYに行くのもおすすめです。女性専用岩盤浴があったり、女性の脱衣場には広いパウダールームが設置されており、女性に嬉しい設備がたくさんあります。美容効果が高い新登場のミルキー風呂も女性必見です。日帰り温泉で女性を喜ばせたいなら、是非「箕面湯元 水春」へ連れて行ってあげましょう。

関連トピックス