スマートレンタリースTOP > レンタカー・リース特集 > 転勤、転職をきっかけに格安レンタカー・リース

転勤、転職をきっかけに格安レンタカー・リース

2015/08/07

転勤や転職をきっかけに、車がないと不便なエリアに住むことになった。そんな時は、慌てて車を購入するよりも、まずは「借りて使う」レンタルやカーリースの利用をおすすめします。転勤や転職時の慌ただしさを減らし、スムーズに新生活を始めることができます。

見知らぬエリアで、車探しに奔走するのは大変

点検・整備のことを考えると、車の購入先は自宅に近い方が何かと便利です。ですが、自宅近くにディーラーや中古車販売店があるとは限りません。車の現物を見るため に、遠方まで何度も足を運ぶのは大変です。その点レンタカーやカーリースは、ネットでスペックを絞り込んで車を選ぶことができ、来店不要で契約することも可能です。また車を購入する際には、印鑑証明(軽自動車除く)や車庫証明(あるいは保管場所届出)が必要とされるケースがほとんどです。印鑑証明は市役所などの窓口、車庫証明は警察署と発行元が異なります。車もなく地理に明るくもないエリアで、場合によっては複数の場所を回って書類を整えるのは大変です。 引継ぎなどでただでさえ忙しい転勤・転職時に、負担が増えてしまいます。

レンタカーは、引っ越しの際にも活躍する

ひとり暮らしで荷物も少ない。あるいは引越しのトラックで運ぶにはためらいのある、仕事に必要なものや貴重品を運ぶ際にもレンタカーが役に立ちます。荷物の少ない単身引越し用に、軽トラックやワンボックスカーを貸し出すサービスもあります。車を貸し出すだけでなく、オプションで荷物の梱包や運び込みのためのスタッフを頼むこともできます。遠方への移動にレンタカーを使う時には、借りたお店以外でも返却可能で乗り捨てもできる、「ワンウェイサービス」が便利です。公共交通機関が整った便利なエリアに引っ越す場合にも、レンタカーは活躍します。自宅まで車の引き渡しや引き取りに来てくれる「宅配レンタカー」(※ 宅配レンタカーはサービスエリアが限られます)が使えると、新生活に必要なものをまとめて買い出しに行く時に便利です。

レンタカーやカーリースなら車の乗り換えも簡単

転勤先が雪深い、あるいは古い街で一方通行が多いなど、特殊な条件がある場所に転勤や転職が決まった時にも、「借りて使う」レンタカーやカーリースだと便利です。雪が降るエリアでは、寒冷地仕様の車や4WD(四輪駆動)車が活躍します。一方通行が多い古い街では、小回りのきく軽自動車やヴィッツやデミオのようなコンパクトカーが活躍します。1、2年など比較的短期で次の勤務地に異動する可能性がある。あるいは家族構成が結婚や子供の誕生で変化する可能性がある時にも、「借りて使う」ならその時々の事情に応じて最も使いやすい車が選べます。

電気自動車などの次世代カーも、レンタルやカーリースなら試しやすい

プリウスのようなハイブリッドカーだけでなく、今後はガソリン車に代わって電気で動く、EVやPEVまたはPHVといった電気自動車の普及が進むことが予想されます。ハイブリッドカーは、ガソリンで動くエンジン以外に加え、電気で動くモーターも搭載した車のことです。ハイブリッドカーやEVやPEVまたはPHVといった電気自動車は、ガソリン車に比べると二酸化炭素の排出を抑えることができます。低炭素社会にふさわしい次世代の車として、新しい車が次々に登場しています。ところがEVやPEVまたはPHVのような電気自動車の普及は始まったばかりで、数年後のトレンドがどうなっているのか。まったく予想がつかない状況です。電気だけで動くEV車が人気となるのか、メインエネルギーは電気で補助としてガソリン用エンジンを搭載したPEVまたはPHVが人気となるのか。あるいは水素で動く燃料電池車FCVが本命となるのか。電気や水素で動くだけに、ガソリンスタンドに代わる充電あるいは水素ステーション施設の普及具合によっても状況が変わってきます。今は、新しい技術が次々と実用化されていく過渡期です。どの車種を選ぶのが正解か、車に詳しい人にとってもアドバイスが難しい状況が当分続くと予想されます。充電器や水素ステーションの普及に地域ごとの偏りができた場合、ある車が転勤先では全く使えない車になる可能性もあります。ですが新しい技術だからこそ、試してみたいもの。そんな時も「借りて使う」カーリースやレンタルなら、期間が決まっているので安心です。

関連トピックス