スマートレンタリースTOP > レンタカー・リース特集 > 転職した時に知っておくとお得なレンタカーとリース車

転職した時に知っておくとお得なレンタカーとリース車

2015/08/07

転勤や転職などで環境が変わる時は、「借りて使う」ライフスタイルを検討する、いいきっかけにもなります。特に転職となると、経済環境が変化することも大いに考えられます。転職当初はできるだけ出費を抑えたいものです。車の所有には維持費がかかります。自動車保険料や毎月の駐車場代に燃料代、毎年かかる自動車税に、3年あるいは2年ごとにかかる車検費用。その他にも寒冷地であれば冬用のタイヤが必要となり、場合によってはタイヤの保管料もかかります。レンタカーやカーリースであれば、これらの維持費を減らす、あるいは固定化することができ、家計の管理が楽になります。

転職をきっかけに、内勤から外勤へと職種が変わることも

転職後は、内勤から外勤に代わるケースも考えられます。その場合は会社で営業車を用意していることもありますが、マイカーを営業車として使用することもあり得ます。担当する営業エリアが広範囲にわたれば、会社で営業車に乗り換えるよりも自宅から営業先へ直行直帰できた方が、従業員にとってもメリットとなります。移動時間が減ると時間的余裕が生まれ、体力的にも楽になります。マイカーを営業車として使用する場合には、通常車両持ち込み手当やガソリン代が支給されます。転職というライフスタイルの変化で、車を使わざるを得ないこともあります。その場合も、購入に踏み切る前のお試しとして、レンタカーやカーリースを利用するという選択肢があります。

カーリースならオプション装備を追加できるが、レンタカーはできない

転職をきっかけに起業あるいは創業に踏み切り、営業車が必要となるケースも考えられます。営業用として新たな車の購入に踏み切れば資産になる一方で、減価償却分しか経費になりません。営業用車両をカーリースで入手した場合のリース料金は、全額損金処理が可能です。全額損金処理が可能で、車の所有に付随する各種費用、保険料や税金、整備費用などのコストもリース料金に一本化できます。コストの把握がより簡単になります。そして購入時に比べれば、手許に残る自己資金はより豊富になります。起業や創業当初は、自己資金をできるだけ多く確保したいものです。カーリースなら、自己資金をより多く手許に残すことが可能です。またオプション装備として、車名などのロゴを車体に入れることもできます。別途費用はかかりますが、レンタカーではこうしたオプション装備の用意がありません。営業車として、レンタカーを借り入れることもできます。ですがよりマイカーあるいは社有車的な使い方に向いているのは、カーリースです。より割引率の高い社有車向け任意保険料プランの用意があり、割安での車両購入先を多数確保している、カーリース会社のスケールメリットが生かせるからです。

「借りて使う」がお得になるのは、スケールメリットが生かせるから

格安をうたうカーリース会社やレンタカー会社も増えています。その場合、「借りて使う」が本当にお得なのか。スケールメリットを生かせているか否かで判断するのも、ひとつの見分け方です。運営会社本体に、新車・中古車を問わず自動車販売店や自動車整備店がある。こうしたカーリース会社やレンタカー会社には、格安で車両を購入・整備できるルートが確立されています。格安料金にはちゃんと根拠が存在します。また車両の当たり外れがないか、あってもわずかなものと考えられます。新車だけでなく状態のよい中古車を使用することで、通常よりも割安な料金でのリースやレンタルが可能になります。

車のコンディションにこだわりがなければ、最安値の会社を選べば「お得」になりますが、使用についての満足度は下がります。レンタカーもカーリースも、通常は任意の自動車保険料も自賠責保険もセットになっています。リース料金は格安に設定されているにもかかわらず、任意保険については別途個人での加入が必要な格安カーリースの場合は注意が必要です。個人ではじめて自動車保険に加入する場合、通常は割引なしのフラットな保険料からのスタートとなります。リース代金に自動車任意保険料 が含まれていないケースでは、リース料金に保険料を合算すると割高になるケースも考えられます。車を借りるか購入するかは、家を購入するか賃貸で済ませるかの話にも似て、ライフスタイルによって損か得かが決まります。安易に格安の文字に踊らされることなく、ライフスタイル込みで、お得かどうかを検討されることをおすすめします。

関連トピックス