リース車の契約書をチェック

2015/08/07

カーリースの契約書は、カーリース会社からユーザーあてに発行される、見積書の内容をベースに作成されます。カーリースの契約書をチェックする時には、見積りを依頼した時のユーザーの希望が反映されているかどうか。あるいは希望した内容と相違ないか、確認する必要があります。カーリースの契約書をチェックする場合に注意すべき点をあげていきます。

希望した車と一致しているかどうか

車名・型式・グレード・ボディカラーなど、ユーザーが希望した通りの内容となっているかどうか、チェックして下さい。カーリース会社は、契約書をもとにディーラーに車を発注します。型式などに記載間違いがないか、注意して下さい。またカーアクセサリーなどの付属品や、オプションとして追加希望した特装品の仕様は希望通りとなっているかも、合わせてチェックしましょう。

リース料金の確認

月々に支払うリース料金は、見積時と変わりはないか。リース期間は希望通りのものとなっているか。リース料金の支払いに関する明細を必ずチェックしましょう。 リース料金の総支払額と総支払回数の記載があるか。リース料金の支払いがいつ始まり、いつ終わるのか。初回払込日や最終払込日の記載はあるか。ボーナス払いや頭金の差入れがある場合は、ボーナス払いの総額やボーナス返済月の返済額について記載があるかについても、確認しましょう。支払方法は途中で変更できません。口座振替かクレジットカード払いか、希望した支払い方法通りかもチェックしましょう。リース料金の総支払額が、予定より少額の場合は、何らかの費用がユーザーの自己負担となっている可能性があります。内容について疑問があれば、必ずカーリース会社に問い合わせましょう。

保険や税金その他整備にかかる費用について

カーリースでは、自動車任意保険料や自動車税、または車検や整備にかかる費用をリース料金に含めることができます。契約書では、これら費用の負担先についても ユーザーの希望通りの内容になっているか、チェックする必要があります。自動車任意保険料が含まれていない場合は、ユーザー自身で手配する必要が出てきますので注意して下さい。点検・整備費用を含めたメンテナンスリースの場合は、エンジンオイルやブレーキオイル、オイルフィルターやバッテリーなどの交換を含めていることもあります。交換回数が見積り通りかも、チェックしましょう。

リース契約終了時の取扱い

個人リース契約では、リース車について契約終了時点での車の価格(残存価額)と、実際の査定金額を精算するオープンエンド方式が一般的です。リース契約におけるリース車の価格は、新車取得価額より残存価額を差し引いた金額になります。残存価額は、月々の走行予定距離などをもとに、規定に従って算出されます。 契約書では、残存価額の設定や月々の走行予定距離について、見積り通りかチェックしましょう。契約終了時には、精算のベースとなる箇所です。必ず確認しましょう。走行予定距離を超過した場合や、リース車に修理歴などがあれば、終了時の査定も悪くなります。契約終了時における精算は、何をベースに行われるのか。精算基準について必ず確認しましょう。

リース契約終了後のリース車の取扱いについて

リース契約終了時における、リース車の取扱いについても契約書でチェックしておきましょう。リース車の買い取りが可能か否か。カーリース会社と利用するリース契約によって、リース契約終了後のリース車の取扱いには、複数の選択肢があります。買取りだけでなく、新車乗換えや再リース、あるいはカーリース会社への返却などのプランが用意されています。5年契約の場合、3年後に契約の見直しを可能にしている場合もあります。見積り通りか、チェックしましょう。

その他

一般的にカーリースでは、中途解約は認められていません。事故などでリース車が使用できなくなった場合は、その時点で契約が終了します。中途解約についての取扱いや、事故があった場合の連絡先や連絡方法についても、確認しておきましょう。