リース車の料金を安くするコツ

2015/08/07

「借りて使う」スタイルのカーリースを選んだ場合でも、月々のリース料金はできれば安く抑えたいものです。リース車の料金を安く抑えるコツを、いくつかピックアップしてみました。

固定費用は削れない

月々のリース料金には、車両価格の他に各種費用が含まれています。各種費用に含まれるものは、登録諸費用、自動車税関係、自賠責保険料などです。これらの費用は定額なので削ることはできません。

契約期間を見直す

カーリース契約では、ユーザーに代わってカーリース会社がリース車を購入します。ユーザーは3年あるいは5年といった契約期間に応じ、車両代金と各種費用を カーリース会社に支払っていきます。契約期間がより長期になれば、月々のリース料金の負担も軽くなります。リース契約は、3年や5年契約が一般的ですが、 カーリース会社によっては、7年や9年といった長期契約プランを提供している会社もあります。月々のリース料金をより安くしたいのであれば、契約期間を長 期に渡るものを選ぶのもコツです。

車両本体価格を見直す

月々のリース料金には、車両価格と各種費用が 含まれています。車両価格を安く抑えることができれば、リース料金のコストダウンにもつながります。リースに使用する車両クラスをワンランク下げれば、車 両価格相当分も安くなり、リース料金のコストダウンにつながります。ただし、車格を下げていくやり方には限界があります。予算をクリアしているだけで、広 さなどに不満が残る車をリースするのであれば、かえってリース料金が無駄になっているとも言えます。車格を下げていっても納得のいく車が選べない。その場 合には新車リースにこだわらず、中古車リースを選択肢とする方法もあります。

今は新車の性能そのものが上がっていることもあり、中古車であっても状態のいい車がたくさんあります。中古車リースを展開しているカーリース会社が、傘下に 中古車販売店を抱えていることもよくあります。状態のいい中古車を、豊富な在庫の中から選べるカーリース会社による中古車リースであれば、ユーザーにとっても安心です。新車リースと同じように、メーカーや型式・ボディカラーなど、豊富な在庫の中から好みの車を選ぶことができます。
定期的に大量に発注する、スケールメリットが生かせるカーリース会社であれば、リース車の調達価格も安くなります。ユーザーが個人で値引き交渉するより も、大幅な値引きが期待できる。スケールメリットが生かせるカーリース会社を選ぶことも、リース料金を安く抑えるコツと言えます。

自動車任意保険を見直す

カーリース契約に自動車任意保険が含まれて いる場合は、複数年契約となっているかどうか、チェックしましょう。自動車保険では、複数年契約も可能です。1年ごとに更新される自動車保険を複数年契約 とすることで、自動車任意保険料が安くなるケースもあります。複数年契約が可能かどうか、カーリース会社に問い合わせしてみましょう。その際には、契約中 に事故が発生した場合の割増し保険料の取扱いについても、しっかりと確認されることをおススメします。

メンテナンスリースの場合は、メンテナンスパックの内容を見直す

メンテナンスリースでは、車検や点検整備費用がリース契約に含まれています。メンテナンスリースに含まれるメンテナンスパックの内容は、カーリース会社ごとに大きく異なっている部分です。自社に自動車整備部門のネットワークを持つカーリース会社では、車検や点検整備費用のコストダウンを図っているところもあります。メンテナンスパックの内容が充実したプランやカーリース会社を選ぶことも、リース料金を安く抑えるコツとなります。