リース車にかかる追加料金

2015/08/07

「借りて使う」スタイルのカーリースを選ぶことで、車周りの費用をリース料金として固定化できます。カーリースのメリットは、税金や点検・整備といった車まわりの費用をあらかじめ固定・一本化できるところです。一本化できるとはいえ、追加料金も発生します。リース車にかかる追加料金には、どのようなものがあるのか。追加料金が発生するケースを見ていきます。

リース契約終了時の精算について

カーリース契約には、オープンエンド方式とクローズエンド方式の二種類があります。個人リース契約で一般的なオープンエンド方式では、リース契約終了時にリース車を査定し、必要に応じて精算を行います。リース車には、リース契約終了時の査定がいくらになるのか。予定残存価額があらかじめ設定されています。この残存価額は、3年や5年といったリース契約終了時の見込み査定額なので、実際の査定評価額との間に差額が生じます。リース車の使用状況に応じて、査定が良ければ査定評価額も上がります。リース終了時の査定評価額が残存価額を上回れば、ユーザーはリース会社より払い戻しが受けられます。一方査定が悪ければ、 査定評価額も下がります。査定評価額が残存価額を下回れば、ユーザーはリース会社に追加料金を支払う必要が出てきます。複数台の車を所有する法人リース契約では、クローズエンド方式が一般的です。クローズエンド方式では、契約終了時の精算は行われません。カーリース会社にリース車を返却するだけで、契約は 終了します。予定残存価額による精算は行われませんが、通常使用を越えたリース車の汚損や破損については、追加料金が発生します。修理や清掃に要する原状 回復費用として、ユーザーが負担します。

精算の規定・基準はどうなっているのか?

リース契約終了時における精算は、一般的に走行距離とリース車の破損・汚損状態をベースに行われます。リース契約では、契約時に月々の予定走行距離を申告します。ユーザーの自己申告によるものなので、実際の走行距離とは異なります。予定走行距離を超過していれば、契約終了時の査定も悪くなります。一般的には、 超過した総走行距離1キロごとに、超過料金が発生します。総走行距離が、予定より100キロ超過していれば、100キロ×超過料金となります。また、リー ス車に修理歴や事故歴があれば、査定が悪くなります。汚損状態をどう評価するかは、カーリース会社それぞれの判断によります。

その他に追加料金が発生する場合

リース契約では、リース車にオプションを追加することができます。リース契約中に、カーリース会社了承のもと、新しくオプション装備を追加する場合には、追加料金が発生します。また契約終了時には、ユーザーはすみやかにカーリース会社にリース車を返還しなければなりません。リース車の返還が遅くなった時には、遅延損害金として追加料金が、リース契約終了の翌日より発生します。またリース契約中に、自動車諸税や自賠責保険料など、料金の改定があった場合は、リー ス料金にも反映され、追加料金が発生します。公租公課の改定が、車検や整備費用における工賃に及ぶ場合も、追加料金が発生します。

リース期間中に再リースする場合

リース契約中に契約期間を延長し、再リースを選んだ場合にも新たなリース料金が発生します。同じリース車を使っての再リースであっても、前契約より再リース料 金が高くなる場合もあります。再リース時の車両価格は割安になっても、経年劣化を見込んでの点検・整備料金が割高になる傾向があります。再リースを選んだ 場合は、追加料金がかかることも少なくありません。