必要書類の記入方法

2015/08/07

カーリースを契約するにあたっては、ユーザーはまずカーリース会社から見積りを取り、見積り内容に同意すれば契約に至ります。カーリースに必要となる書類には、ユーザーがカーリース会社と交わす契約書と、ユーザーがディーラーと交わす自動車登録関係書類とに分かれます。ここでは、それぞれの必要書類について見ていきます。

カーリース契約書

ユーザーがリースを希望する車種を選び、基本となるリースの契約タイプを選んだ後に、カーリース会社から見積書が届きます。見積り内容をもとに、契約書が作成されます。契約書のベースとなる書類なので、見積書に漏れがないか。希望通りのリース内容になっているか、しっかりチェックしましょう。リース期間やリース料金、整備・修理費用の取扱い、事故時の処理、中途解約の有無と要件、リース契約終了時の精算方法、リース車の残価設定やリース終了時の取扱い方法などについて、チェックする必要があります。カーリース契約書は見積書をベースに作成される書類なので、ユーザーがこと細かに記入する必要はほとんどありません。

自動車登録関係書類

自動車の登録申請には多くの書類が必要となります。カーリースの場合、リース車の保有者はカーリース会社となります。自動車重量税納付書など自動車税に関係するものは、カーリース会社にて用意作成されます。リース車の使用者となるユーザーが用意する書類は、使用者の現住所を証明する書類、委任状、自動車保管場所証明書(軽自動車の場合は、自動車保管場所届出 書)となります。

使用者の現住所を証明する書類について

使用者の現住所を証明する必要書類は、ユーザーが個人の場合、住民票と印鑑証明書になります。ユーザーが法人となる場合は、登記簿謄本あるいは登記事項証明書等が必要となります。いずれも発行後3ヶ月以内のものに限定されます。有効期限を越えないよう、注意して下さい。

委任状

ユーザーは、自動車の登録申請業務をディーラーに代行依頼することとなります。代行を委託する場合に必要となるのが委任状です。委任状に押印するのは、実印に限りません。認印で構いませんが、シャチハタ・ゴム印は不可です。

自動車保管場所申請書について

カー リースの場合、リース車の保管場所・駐車スペースの確保についてはユーザー負担となっています。ユーザー自身が、まずは駐車場を確保する必要があります。 車の保管場所については、自宅など使用の本拠地から2キロ以内であることが条件となります。また駐車スペース内にリース車の車体すべてが収まり、一部が道路などにはみ出すようなことがあってはなりません。

保管場所使用権原書面について

自動車保管場所申請書には、駐車スペースの正当な利用者であることを証明する「保管場所使用権原書面」が必要となります。駐車スペースが自宅最寄りの有料駐 車場や集合住宅の駐車場など、他人の土地や建築物となる場合は、「保管場所使用承諾書」が必要となります。賃貸住宅の駐車スペースを使用する場合は、「賃貸契約書の写し」が必要となります。自宅の駐車スペースであれば、「自認書」が必要となります。

自動車保管場所申請書にはリース車の車名・型式・車の大きさなどを記入する項目があります。車の詳細については、ディーラーにて記入することが多くなっています。住所記入欄は、住民票等の住所と同じものを記入して下さい。捺印欄に押印するのは認印で構いませんが、シャチハタ・ゴム印は不可です。また記名・捺印欄は、署名に変えても受付けてもらえます。

保管場所の所在図・配置図

上記に加え、その他にも「保管場所の所在図・配置図」が必要となります。「保管場所の所在図・配置図」に、住宅地図などのコピー添付でも可となっている場合もあります。自宅最寄りと駐車スペースが離れている場合は、直線距離を記入する必要があります。有料駐車場の場合は、使用する駐車場全体の大きさとともに、契約した駐車スペースの大きさや駐車場ナンバーなどを記入する必要があります。どちらの場合も、駐車スペースに接する道路幅についても記入する必要があります。