レンタカーの契約書をチェック

2015/08/07

レンタカーを借りた場合には、レンタカーの契約書または貸渡証を、レンタカー会社とユーザーとの間で交わします。レンタカー会社には法令により、レンタカーを借りるユーザーの本人確認義務が課せられています。またレンタカーを貸すにあたっては、本人確認とともに、じゅうぶんな運転資格があるかどうかのチェッ ク義務も負います。インターネットやスマートフォンからの事前予約も可能となった現在では、本人確認や運転資格のチェックは利用申し込み時に行われていることもあります。レンタカーを申し込んでからレンタカーを受け取るまでの、実際の流れを見てみます。

レンタカーを予約する

レンタカーを予約するには、インターネット・電話・レンタカー会社の営業所で直接申込む、3種類の方法があります。インターネット経由での予約申し込みには ネット割引を適用している会社も多くあります。頻繁にレンタカーを使うユーザーには、レンタカー会社の会員になることで、利用のたびに個人情報を入力する手間を省いているところもあります。

予約時に聞かれる必須項目

レンタカー利用日、利用するレンタカー営業所の店舗・返却するレンタカー営業所の店舗、利用する車種、利用時間などの基本事項について、まずは尋ねられます。この際に免許の種類(ゴールドなど)や、免許取得から何年経過しているかを尋ねられることもあります。運転免許取得から1年未満での単独利用の場合は、レンタカー会社より使用を断られる可能性もあります。免許取得から日が浅い場合には、免許取得から3年以上の同乗者を求められることもありますので注意が必要です。基本事項を確認した後に、希望車種の在庫があるかどうかのチェックが行われます。繁忙期には申込みが集中し、希望車種の予約が取れないこともよくあります。在庫が無ければ、条件を変えてみるなどの工夫が必要となります。

オプション使用について

チャイルドシートの利用が必要な場合は、予約時に事前申込みが必要です。その他にも、禁煙車を希望する場合や、ペット同乗の場合、あるいはカーナビや車椅子で の利用者がいる場合なども、事前申込みが必要です。忘れずに確認されることをおススメします。寒冷地でのレンタカー使用には、スタッドレスタイヤやチェーンなどが必要となるケースもあります。標準装備している会社ばかりとは限りませんので、注意が必要です。特にペット同乗の場合は対応車の在庫にも限りがあり、ペット専用車両を確保できるかどうかが問題となります。必ず事前に申し込まれることをおススメします。予約時に伝えておかないと、レンタカーの利用が断られることもあります。

レンタカーを借りる当日

免許証は必ず持参して下さい。同乗者全員分の免許証提示を求められることもあります。免許保有者は、免許証を忘れないようにして下さい。運転者が免許取得から1年以内など、運転履歴に問題がある場合は、同乗者の中に運転履歴豊富な人がいるかどうかで、利用可能かどうかが判断されます。レンタカー会社の判断により、利用に値しないと判断されれば、利用を断られることもあります。レンタカー会社には「保険・補償制度など重要事項の説明」義務があります。車両事故による休業補償についてのノンオペレーション・チャージを了承する場合。あるいは車両事故による免責補償料の支払いに同意する場合は、契約書または貸渡証とは別の書類に署名を求められることもあります。ただしインターネット経由での申し込むと、ネット上で「保険・補償制度など重要事項の説明」が完了していることもあります。

契約書または貸渡証で注意したいこと

レンタカーは、使用前と使用後に車両に傷がないか、レンタカー会社によるチェックが行われています。契約書または貸渡証では、引き渡し時の車両の状態を図解でチェックしている箇所があります。レンタカーの引き渡しを受けた時には、実際の車両の傷と書類に違っているところはないか。必ずユーザー自身でチェックして下さい。また料金計算欄では、不要なサービスが含まれていないかどうか。使用日時や車などの基本事項について、事前申込みと違っているところはないかチェックして下さい。 料金を精算する時のベースとなる部分です。記載内容に問題がないか、必ず自分の目でチェックするようにして下さい。