レンタカーの料金を安くするコツ

2015/08/07

レンタカーを借りる時には、費用はできるだけ安く抑えたいもの。では、レンタカーの料金を安くするコツには、どんなものがあるのでしょうか。

早期予約でレンタカー料金を安く

レンタカー会社によってはスマートフォンからの予約も可能です。いつでもどこでも、思い立ったその場でレンタカーを予約すれば使えるようになりました。ですが、早めの予約でお得なプランを利用すれば、レンタカー料金はそれだけ安くなります。レンタカー会社によって割引内容は異なりますが、30日前から60日前、あるいは90日前からでも予約可能なケースもあります。割引率は、早めに予約するほど高くなります。上手に利用すれば、レンタカー料金が半額になるケースもあります。レンタカー会社によっては、他の割引との併用も可能となっていることもあり、ますますお得になることも。

車種が限定されるなど車を選ぶ自由度は低くなりますが、費用を抑えたい方にはまずは早期予約をおススメします。北海道や沖縄などの観光地では、観光のトップシーズンとなる夏季にはハイ シーズン料金が設定されます。日程が決まり次第レンタカーの手配も早めにされることが、費用を抑えるためには重要です。ただし、いったん予約した後での予約取り消しにはキャンセル料金が発生するなど、ペナルティもあります。日程や行先などのプランをよく考えた上で利用して下さい。

各種の会員割引サービスを利用する

比較サイトや旅行サイトなどから予約を入れることも多いレンタカーですが、レンタカー会社のオリジナルサイトより会員になることで、割引が受けられます。会員登録費はほとんどの場合、無料です。また会員になれば会員向けのキャンペーンなどで、車種限定や期間限定など、レンタカー利用料金がよりお得になったプランを見つけることも可能です。頻繁にレンタカーを利用する方は、レンタカー会社の会員になることを検討されてはいかがでしょうか。

またJAFの会員であれば、基本料金が割引かれる優待サービスが受けられます。予約時にJAF会員であることを伝え、レンタカーを借りる際にJAFの会員証(スマホ画面)を提示することで、割引が受けられます。割引率は、レンタカー会社によって異なり、最大30%割引の優待を用意しているレンタカー会社もあります。JAFの利用ガイドや公式サイトより、各レンタカー会社の割引率が確認できます。

自由度が下がれば、レンタカーの料金も下がる

レンタカーを借りた営業所とは別の営業所に返却する、いわゆるワンウェイサービスや、駅・ホテル・空港などユーザーが希望する場所への配車サービスまで。レンタカーには便利なサービスが色々と揃っています。これらのサービスは、便利な一方でレンタカー料金を押し上げる要因にもなっています。多少の不便には目をつぶり、時間に余裕をもって行動することで、費用を抑えることもできます。

またレンタカーでは、普段乗ることのない車もレンタルできるところが魅力ですが、普段乗る機会のない車はレンタルでもそれなりの費用がかかります。レジャーで使用する場合も、せっかくの機会だからとクラスアップを狙わずに、在庫が豊富な大衆車を選ぶと、レンタカーの料金も安くなります。ユーザーが乗りたい車ではなく、レンタカー会社が貸したい車を選ぶことも、レンタカー料金を安くするコツです。

格安レンタカーでは、新車の代わりに型落ちした中古車を使用することで、格安のレンタカー料金を実現しています。車は古くても、傘下にガソリンスタンドや自動車整備工場を持つ会社であれば、整備はしっかりしています。名の通った大手レンタカー会社にかわり、新興で格安のレンタカー会社を利用することで、レンタカー料金が安くなることもあります。